松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  シングルB面曲 + 1 >  松田聖子 第6枚目シングルB面曲 『花一色~野菊のささやき~』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松田聖子 第6枚目シングルB面曲 『花一色~野菊のささやき~』

 1981年7月21日発売。
 聖子ちゃんの第6枚目シングル 『白いパラソル』のB面曲。
 
 『花一色~野菊のささやき~』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 財津和夫
 編曲: 瀬尾一三
 
 
 
 『野菊の墓』は、伊藤左千夫による戦前の農村部での、ある従姉弟どうしの二人にまつわる恋愛と悲しい結末を描いた小説です。
 
 それを映画化した聖子ちゃんの記念すべき第一作目の主演映画です。 東映より配給され、1981年8月8日から全国一斉にロードショーが行われました。
 
 ヒロインの相手の斉藤政夫役には、一般公募により2万人の中から選ばれた桑原正(くわはらまさし)さんが決まりました。
 2万人とは、さすがに聖子ちゃん人気のほどが窺われます。 桑原さんは、その後芸能界を引退され、一般企業に勤めています。
 
 聖子ちゃんは、この映画を含めて結婚までに4作の映画に主演しています。
 第一作目の『野菊の墓』は、文芸作品を扱ったある面 時代劇であったのに対して、2作目以降の『プルメリアの伝説 天国のキッス』、『夏服のイヴ』、『カリブ・愛のシンフォニー』の3作は、東宝から配給されたオリジナル現代劇となりました。
 
 東宝の3作は、まったくのアイドル志向の作品であって、聖子ちゃんファン以外の人にとってはほとんど観る意味のないものでした。
 
 それらに対して、この『野菊の墓』は、ただ単にアイドルを映しているのではなく、文芸作品としてきちんとした映画作りがなされていて、聖子ちゃん自身はヒロインを演じる女優に徹しています。 その為、ファン以外の一般の人が見ても十分内容を味わって感動できる作品になっていると思います。
 
 明るく楽しげな場面では、喜びが広がり、告白された時の胸のときめき、やがて、残酷にも二人の仲が引き裂かれていく切なさ、そして悲しい結末。 一冊の小説を読み進めていくようなドラマチックな展開が繰り広げられていきます。 そんな誰もが涙なくしては観られない悲恋ストーリーとなっています。
 
 そして、この映画の主題歌『花一色~野菊のささやき~』は、まさにこの映画の世界を4分間のドラマとして聴かせてくれます。
 
 サブタイトル「~野菊のささやき~」は、民子(たみこ)(ヒロイン)が、きっと、病床に臥せっている時に抱いているイメージなのでしょう。 「民さんは、野菊のような人だ」と政夫に表現されていますし、タイトルにも繋がっています。 
 
 どこまでも、哀調を帯びたメロディーとアレンジ。 どんどん悲しみが広がっていきます。 これまでのメジャーで明るい曲から、マイナーで暗く打ち沈んだ曲調へとその落差の大きさを感じましたが、こういう曲であっても情感たっぷりに心を込めて歌っている聖子ちゃんの姿は、とても神々しく感じました。 
 
 デビュー曲以来、作詞の三浦徳子さんの許、ポジティブ・メジャー・ナンバーを歌い続けてきた聖子ちゃんのシングル・ナンバー初となるマイナー・ナンバーは、悲恋 名作映画の主題歌でした。
 
スポンサーサイト
[ 2011年03月11日 12:18 ] カテゴリ:シングルB面曲 + 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。