松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(シングル) >  聖子ちゃん、幸福の絶頂へ! 『天国のキッス』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖子ちゃん、幸福の絶頂へ! 『天国のキッス』

 
 スイート聖子ちゃんここに極まれり。 デビュー以来その時々の可愛さを発揮しながら、次第にアカ抜けてきた聖子ちゃんでした。
 
 この『天国のキッス』で、ついにその可愛さのピークに達しました。
 
 もちろん、この先も彼女の魅力は続いていく訳なんですが、それは大人の女性としての魅力に変わって行くので、いわゆる“かわいい”と言える聖子ちゃんは、この曲が一つの区切りになるんだと思います。
 
 『白いパラソル』以来、14枚連続で、シングル・レコードの作詞を担当された松本隆さんは、『天国のキッス』は、自分の手掛けた松田聖子プロジェクトの中で、最高のものだったと、述懐されています。
 
 この曲のために当時Y・M・Oで活躍していた細野晴臣さんに初めて作曲家として参加してもらいました。
 
 
 
 これまでの聖子ちゃんの曲の中でもこの曲のスイートさの右に出るものは無いのではないかという感じです。
 デビューからの最初期の頃は圧倒的な歌唱力で頭角を現し、清純、可憐な聖子ちゃんの人気がグングン増すに従い、忙しさと喉の使い過ぎによるものなのか声の嗄れが目立ち始めてきて、次第にハスキーな声に変わっていきました。
 
 苦しくなってきた熱唱型から、軽快で無理の少ないハニー・ボイス路線への変更を見事に成功させ、妖艶さや、お色気などを加えながら、この『天国のキッス』で聖子ちゃんの乙女路線はめでたく完結できたものと思われます。
 また、ショート・カット・ヘアもすでに定着して、一般女性から芸能人まで、再び聖子ちゃんのヘア・スタイルに追随し始めており、すっかりヘア・ファッション・リーダーとしても君臨していました。

この歌詞の世界ですが、たぶん、大好きな彼と共に訪れた南国のリゾート。 ハワイなどのような青く美しい海の中での一コマが描かれているのではないでしょうか。
 
 彼と一緒の海の中で泳げない振りをしていたところ、思わず彼に抱きしめられたことによって、心は夢と現つの狭間を彷徨い、まるで天国のような情景が浮かんで来ては消える。
 でも、それだけではだめ、もっと甘い夢を見させて…
 というような感じでしょうか。 こちらも相手役になって聴くことが大切ですね。 (笑)
 
 この曲のリリースされたあとには主演映画、第2作「プルメリアの伝説 天国のキッス」が公開されました。
 この映画の中では、聖子ちゃん初となるキス・シーンがあるということで、話題になりました。
 ファンの中から、キス・シーンは、抜いて欲しいと言う嘆願書が集められ、制作サイドへ届けられましたが、首脳陣は、ファンからの批判が多いのでそのシーンは抜いた方が良いだろうという意見になびいたものの、聖子ちゃんの「恋愛映画の男女の間にキス・シーンがないのは不自然よ」という一存から、そのまま続行されたという一幕がありました。
 
 例えファンからの要望でも自分の意思、信念を貫き通す聖子ちゃんなのでした。^^
 
 とにかく、この曲に関しては、思いっきり、明るくスイートな聖子ちゃんが最大の魅力の一曲です。
 
*ご存じ、風船“天キス”!!
 
*水着も映えるスイートな聖子ちゃん!
 
スポンサーサイト
[ 2011年03月22日 14:23 ] カテゴリ:松田聖子(シングル) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。