松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(シングル) >  今度は文芸作品風の聖子ちゃん 『風立ちぬ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今度は文芸作品風の聖子ちゃん 『風立ちぬ』

 
 元文学青年の松本隆さんがたぶんこの作詞の着想を得たであろう、堀辰雄の小説“風立ちぬ”の雰囲気が感じられる曲です。
 
 もしかしてですが、聖子ちゃんの華奢で可憐なその姿に小説の中の病弱でか弱い誰かが守っていてあげなければ、花のようにすぐに折れてしまいそうなヒロインの女性をイメージしたのかもしれません。
 
 もちろん秋の作品ということと、グリコ、ポッキーのCMとタイアップをしていたので、その関わりも図った上でのアイデアであろうと思います。 さすがに松本隆さん、奥の深い方です。
 
 聖子ちゃん自身の出演で文化的な場所や高原などを巡るポッキーのCMがこの曲と共にお茶の間に流れました。
 
 
 
 個人的には、喉の調子が良くなくて、精神的にとても苦しい時期であったと思われます。 そんな中でも人気は沸騰しこの年から全国69ヶ所を回る初の全国縦断コンサート・ツアーが始まりました。 さらに、初主演の映画「野菊の墓」の撮影やらCM撮影、写真集の出版などが加わり、忙しさもピークであったでしょうから身体を休ませることもできず、気苦労が重なった為かツルツル・すべすべの聖子ちゃん自慢のゆで玉子肌に吹き出物が出来たりしていました。

   

そんな事にもめげず、聖子ちゃんのメガトン笑顔は炸裂しています。 ただ、この曲では、笑顔一辺倒ではなく、愁いを含んだ表情なども見せていて、曲のイメージ作りもしっかり行っています。 また、この映像での衣装をまとった聖子ちゃんは、まさに、ピンクのすみれのごとく可憐な花のようです。 とても美しい。^^
 
 高原で過ごした二人が、夏の間に忘れられない思い出を育んだものの何らかの止むを得ない事情による別れに戸惑い、嘆き悲しみを禁じえないでいるヒロインの姿が描かれています。
 そんな中でもこれからのお互いにとって成長につながるような発展的な旅立ちをめざし、前向きな気持ちに切り替えようとしています。 そんな希望の光が見えるところが、この曲が暗くなっていない理由だと思います。
 
 メジャー・タイトルでは、聖子ちゃん初のマイナー・ナンバーとも言えますが、ナイアガラ・サウンドによって幻想的なサウンドでソフトに包まれているところや、ポジティブな哀愁を表現しているところが、聖子ちゃんとマッチしているのではないでしょうか。
 
 そして、この曲を境にして、大きく二つの区切りがありました。 少々寂しいことですが、いわゆるステップ・アップと捉えてあげるべき事柄だと思います。
 
 一つ目は、“聖子ちゃんカット”と名付けられて一般の少女から、芸能人まで多くの女性がこぞって取り入れた髪型が初期から、次第に変遷しながら約2年間続いて来ました。 そういう定番の髪型としては、このヘア・スタイルがとりあえず最後のものとなってしまいました。
 その後は、ショート・カットを始め頻繁に聖子ちゃんの気分によって髪形が変わっていくことになります。
 
 二つ目は、発声方法です。 これまでの地声での発声方法では、喉が傷んできてしまい、高音などが苦しくなってしまったようです。 そのようなことから、これまでのパワフルな声の出し方は限界に近づいて続けられず、もっと楽に発声の出来る裏声的な発声方法に変えていくことになりました。
 それによって、よりスイートな声へと移行し、いわゆる“キャンディ・ボイス”といわれる新たな声の聖子ちゃんが誕生していくことになります。
 
 あと、番外編ですが、それまでの聖子ちゃんは、圧倒的に男性ファンが多かったのですが、この頃から女性ファンの比率がグーンと上がってきました。 この映像を観ていただいても女性の声援が随分と多いことが実感できると思います。
 そして、次のシングル・ナンバー『赤いスイートピー』によって、聖子ちゃんに対する女性ファンの割合が一気に上昇しました。
 きっと、女性にとっても上品で親しみやすい聖子ちゃんは、魅力的で理想的な女性像なんでしょう。
 また、芸能人にも聖子ちゃんファンがとても多い事が知られています。 それこそが、スターの中のスターと言われるゆえんなのでしょう。
 
 一例(薬師丸ひろ子、松本伊予、中森明菜、鈴木保奈美、松たか子、飯田圭織、中川翔子、はるな愛、米良美一、石橋貴明、俳優の中村俊介、などなど)。

・軽井沢などにおけるCM撮影風景!
 

・高解像度の聖子ちゃん♡ お人形さんのようにキュート!

 
スポンサーサイト
[ 2011年03月22日 14:51 ] カテゴリ:松田聖子(シングル) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。