松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  シングルB面曲 + 1 >  松田聖子 第2枚目シングルB面曲 『TRUE LOVE~そっとくちづけて』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松田聖子 第2枚目シングルB面曲 『TRUE LOVE~そっとくちづけて』

 1980年7月1日発売。
 聖子ちゃんのセカンド・シングル 『青い珊瑚礁』のB面曲。
 
 『TRUE LOVE~そっとくちづけて』。
 
 作詞: 三浦徳子
 作曲: 小田裕一郎
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 一世を風靡した“聖子ちゃんカット”。 それは、当時の一般の女の子たち、女性タレント、あるいは、その後の女性アイドル歌手にまで影響を与えて追随する人が後をたたなかった聖子ちゃんオリジナルのヘア・スタイルのことです。
 
 でも、このヘア・スタイルには、実はモデルというか参考にした方がいたんです。 それは、アメリカの元人気女優のファラ・フォーセットさんでした。
 


 
 もちろん、まったく真似した訳ではなく、聖子ちゃんの専属美容師さんと相談しながら、彼女の髪型を参考に自分なりのヘア・スタイルを模索していったようです。 ファッションや流行に敏感な聖子ちゃんならではの快挙だったのではないでしょうか。
 
  “聖子ちゃんカット”は、初期の聖子ちゃんの魅力の一つでもあり、初期の透明感のあるのびやかでパワフルなロリータ・ボイスと共に忘れることの出来ない素敵なモニュメントとも呼べる大切なメモリーです。
 
 ピクニックを思わせるような素朴でのどかなイントロのメロディー。
 それに対して、歌詞の入りは、ドキッとさせるような気だるく深い男女関係を連想させるような内容ですが、実際にはこの二人はとても清らかな関係であることがすぐに分かります。
 
 「TRUE LOVE 嘘までついた初めての旅に
  TRUE LOVE あなたは指も触れてくれないの ♪」
 
 そう、二人だけの旅なのに手も触れようとしない彼氏なのでした。
 このサビのパートに入っていくと思わず頭が真っ白になって電気が走るような感動を覚えました。
聖子ちゃんのこの表現力はいったい何なのだろうと、しばし歌の余韻に酔い痴れるほかありません。
 
 「探しあてたやっと開いていた喫茶店
  あなたは私にシュガーの数を聞く
  もっと質問他にあるはずでしょう
  私は2つよと床に目を落とす
  TRUE LOVE 愛して欲しい私のすべてを
  TRUE LOVE 嵐の後にそっとくちづけて ♪」
 
 女の子は、意外に度胸が据わって覚悟が出来ているのに対して、男の方はいざとなると尻込みしてしまう部分があるのと、自分の愛は一時の欲望に駆られたものではなく彼女を愛おしく思うからこそ初めての無断外泊というシチュエーションに乗じて彼女に手を出したくないという想いがあったのかもしれません。

 それこそ、「あなたの真実の愛(TRUE LOVE)は私に伝わったわ。 だからせめてそっとくちづけて!」という意味合いのタイトルに繋がっているのではないでしょうか。
 
 この曲 『TRUE LOVE~そっとくちづけて』とデビュー・シングルB面の『RAINBOW~六月生まれ』の2曲を聴いだけで、もうそれからは聖子ちゃんのB面曲ファンにもなってしまいました。
 シングル・ナンバーに限らず、素晴らしい曲揃いの聖子ちゃんの楽曲は、どの曲もいらないものは一つとして無いと言えそうです。
 
 そんな聖子ちゃんの後の名曲 『赤いスイートピー』を彷彿とさせるような清らかな恋を綴った曲の原点ともいえる私一押しの純愛ナンバーです。
 
スポンサーサイト
[ 2011年03月22日 17:36 ] カテゴリ:シングルB面曲 + 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。