松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  Cherish >  あなたにビビっと来たの! 『I wanna hold you tight』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたにビビっと来たの! 『I wanna hold you tight』 松田聖子

 2011年6月1日発売。 聖子ちゃんの最新アルバム。 『Cherish』(チェリッシュ)収録曲。
 
 2曲目、『I wanna hold you tight』。
 
 作詞: 松田聖子
 作曲: John Reeves
 編曲: John Reeves
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 重厚な宝石のキラメキのようなイントロで始まる素敵に決まったダンサブル・ナンバーですね。
 
 この曲を聴いていると、かつて一世を風靡したあの言葉を思い出します。 そう、あの“ビビっと婚”に通じるような一目惚れ的な出会いと、熱愛。 その傾向は、今も聖子さんの中に熱く残っているんですね。 そのような情熱を感じます。
 
 そういうホットな中にあって、
 「I just knew I just feel It was you ♪」 すぐに分かった。私は感じたの、それはあなただって!
 
 さりげなく韻を踏んだ英文を盛込むあたり、聖子さんの音楽センスと詩の才能がキラリと光っていますね。
 
 それと、聖子さんのセルフ・プロデュース・ナンバーは、やはり、積極的な姿勢が大勢を占めているように思います。

 全然、消極的なところが見当たらず、相手の気持ちを自分の方に向けさせるとか、相手の目をじっと見つめて、その気にさせるなどの間接的な手法を用いることなく、ダイレクトに自分の気持ちをぶつけて行こうというところが、本来の聖子さんの性格なのかもしれません。
 
 考えてみれば、そうでなければ、親に隠れてオーディションに出場して優勝したり、親の反対にもめげずに歌手の道へと進もうという気にもならなかったことでしょう。
 見た目の可愛らしさと芯の強さという相反するような要素を併せ持つ聖子さん。
 初期の頃の聖子ちゃんのイメージから提供された乙女チックな当時の歌詞とは裏腹にセルフの歌詞こそが本来の姿なんでしょうね。
 
 また、このような情熱的な曲を聴いていると、ますます愛と美の女神、ビーナスそのもののような方だなと思います。 そこで思い浮かぶのが、世界中でヒットした曲 『Venus』は、聖子さんのためにあるような曲だということです。 最近でも、CMやクラブ・シーンなどでよく耳にするおなじみの曲ですが、実は、随分昔からある曲なのでした。
 
 「She's got it                             彼女は最高
    Yeah, baby, she's got it        ねえ、あなた彼女は最高よ
    I'm your Venus, I'm your fire     私は、ヴィーナス。あなたの
    At your desire              欲求をかきたてるの
    Well, I'm your Venus, I'm your fire   そう、私はヴィーナス。あなたの
    At your desire ♪」           情熱の炎なの
 
 この曲と共に、貝殻のような台の上に乗って白く清楚なドレスで『チェリーブラッサム』を歌っていた聖子ちゃんは、まさに「ヴィーナスの誕生」の絵そのもののようだったことを思い出します。
 
 そんな聖子さんノリノリのダンサブル・ムード・ミュージックといった感じの軽快で切れ味の良いナンバーです。
 
スポンサーサイト
[ 2011年07月03日 22:42 ] カテゴリ:Cherish | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。