松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松田聖子の歩み(初期)⑥

聖子ちゃんの歩み年表
 
1984年 22歳
01月14日 四日市市文化会館「JEWELS 」
01月16日 福井市文化会館「JEWELS 」
01月18日 銀座カネボウ・シグナス・ホールでカネボウ春の化粧品キャンペーン・ソングに『Rock'n Rouge』が決まり、記者会見を開く。
01月28日 京都会館第一ホール「JEWELS 」
02月01日 『Rock'n Rouge』発売。
大人の女性のイメージがいよいよ強まった聖子ちゃんは、資生堂エクボのヤング向け化粧品から、本格的な大人向け化粧品のイメージ・キャラクターにも起用されました。
そんな大人の女性の魅力を前面に打ち出して、ロックのリズムで繰り出したのがこの曲でした。 Rock'n'rollをもじったRock'n Rougeという造語、松本隆さんの感性の高さも光ります。 アメリカン・オールディーズの世界とロックの結びついたメロディアスでファンキーなナンバーです。
02月04日 奈良県文化会館「JEWELS 」
02月05日 和歌山県民文化会館「JEWELS 」
02月20日 主演映画3作目「夏服のイヴ」撮影のためニュージーランドへ出発。(3/10帰国)
03月22日 神戸文化ホール大ホール「JEWELS 」
03月27日 宇都宮市文化会館「JEWELS 」
03月30日 松山市民会館「JEWELS 」
03月31日 高知県民文化ホール「JEWELS 」
04月05日 茨城県立県民文化センター 「JEWELS 」
04月21日 真駒内アイスアリーナ「Fantastic FLY」
04月23日 真駒内アイスアリーナ「Fantastic FLY」
04月24日 日本武道館「Fantastic FLY」
04月27日 名古屋市国際展示場「Fantastic FLY」
04月28日 名古屋市国際展示場「Fantastic FLY」
04月29日 大阪城ホール「Fantastic FLY」
04月30日 福岡国際センサー「Fantastic FLY」
05月05日 宮崎市民会館「Fantastic FLYⅡ 」
05月06日 鹿児島市民文化ホール「Fantastic FLYⅡ 」
05月10日 『時間の国のアリス』発売。
ファンタジックな魅力を持つ聖子ちゃんには、不思議の国のアリスのイメージもありました。 アルバム『風立ちぬ』の中の『冬の妖精』の中にも出てきますね。 そんな聖子ちゃんもすっかり大人の女性へとイメ・チェンを遂げてしまったこの時期となりますと、幾分アダルトなアリスが表現されておりました。
05月12日 神奈川県立県民ホール「Fantastic FLYⅡ 」
05月13日 山形県県民会館「Fantastic FLYⅡ 」
05月19日 青森市文化会館「Fantastic FLYⅡ 」
05月20日 秋田県民会館「Fantastic FLYⅡ 」
06月02日 新潟県民会館「Fantastic FLYⅡ 」
06月03日 長野県民文化会館「Fantastic FLYⅡ 」
06月09日 熊本市民会館「Fantastic FLYⅡ 」
06月10日 武雄文化会館「Fantastic FLYⅡ 」
06月10日 オリジナル・アルバム『Tinker Bell』発売。
アリスに続いて、典型的な聖子ちゃんのイメージ、妖精ティンカーベルをここで持ってきました。 ところで『瞳はダイアモンド』の途中から聖子ちゃんの目がそれまでの一重から二重に変わりました。 その理由としては、寝不足を重ねている内にいつの間にか二重になっていたというものです。 もともと、TV画面でアップに映し出されたときに二重になっていることが多々ありました。 そんなことから二重になる素質をもともと持っていたものと思います。 瞳が二重になったことでやはり聖子ちゃんの心境に変化が訪れたのでしょう。 より積極的で大胆に変わっていったように思います。 やはり人間見た目で性格も変わっていくのだと思います。
そんな部分も曲に反映されていて気が強くて男勝りな女性のイメージを持つ曲が多くなってきました。
06月15日 ハワイ大学へ短気留学に出発、終了後の試験はトップの成績。(7/6帰国)
やはり、何でも呑み込みが早く、頭の切れる聖子ちゃんは、勉強もやる気になれば優秀であるということがこのことからも想像できます。
06月21日 ニューヨークでビリージョエルのコンサートを訪れた際にプロデューサーのフィル・ラモーンと会う。
07月07日 東宝映画 主演第3作「夏服のイヴ」全国ロードショー開始。
07月21日 富山市公会堂「Magical Trump」
07月22日 金沢市観光会館「Magical Trump」
07月25日 岡山市民会館「Magical Trump」
07月26日 徳山市文化会館「Magical Trump」
07月28日 鹿児島市民文化ホール「Magical Trump」
07月29日 高知県民文化ホール「Magical Trump」
08月01日 『ピンクのモーツァルト』発売。
いよいよ大人のムードが高まってきた作品が生まれました。 衣装も髪型もエレガントな大人の女性をイメージしたようないでたちがこの曲では主流です。
そして、春に続いてカネボウ秋の化粧品のCMソングにも起用されたことから、よりドレッシーでメーキャップも大人びたものへと磨きがかけられました。
結婚前の聖子ちゃん史上最も大人っぽい姿が演じられました。 そして、メロディーもロックからクラシックへカジュアルから、シック路線へと舵を切りました。
08月10日 宮城県民会館「Magical Trump」
08月11日 岩手県民会館「Magical Trump」
08月22日 広島郵便貯金会館「Magical Trump」
08月23日 松山市民会館「Magical Trump」
08月26日 山梨県民文化ホール「Magical Trump」
08月29日 福岡サンパレス「Magical Trump」
08月30日 長崎公会堂「Magical Trump」
09月02日 大坂フェスティバルホール「Magical Trump」
09月04日 NHKホール「Magical Trump」
09月05日 NHKホール「Magical Trump」
09月23日 島根県民会館「Magical Trump」
09月24日 姫路市文化センター「Magical Trump」
10月10日 千葉県文化会館「Magical Trump」
10月13日 越谷市民ホール「Magical Trump」
10月14日 群馬県民会館「Magical Trump」
10月20日 京都会館「Magical Trump」
10月21日 レコーディングのためにNYへ出発。
11月01日 主演映画第4作目「カリブ・愛のシンフォニー」製作発表。
11月01日 『ハートのイアリング』発売。
先の失恋ソング『瞳はダイアモンド』については、ある面、聖子ちゃんこそは“ダイアモンド”だと称える目的の作品であったのに対して、こちらは本格的な失恋ソングでした。 アイドルとして最高のパフォーマンスをファンの前に見せると同時に自分自身も甘い恋を夢見てきた聖子ちゃんにとっては、いまだ未経験の辛い曲。
自らが導電体のように感受性が強く曲への感情移入も人並み外れて強い聖子ちゃんにとってこういう曲は辛すぎる面があったのでしょう。
男装を取り入れて、この曲自体を客観視してしまい、自分を守ろうとしたのかもしれません。 その結果表現されたコスチュームやヘア・スタイルのその過激さには、ファンも関係者も皆、度肝を抜かれたものと思います。
そして、その姿を見て一番驚いたのが、この曲を作った松本隆さんだったのではないでしょうか。
あまりの聖子ちゃんの変わり様に驚き、一時、聖子ちゃんの新しい曲の制作意欲を失ってしまったのかもしれません。 続く曲の制作依頼を断りました。 そこで、松本隆さん中心の松田聖子プロジェクトはストップしました。 
そんな経緯から、シングル曲制作依頼が、尾崎亜美さんに急遽寄せられて『天使のウィンク』が生まれることになったのではないかと想像します。
11月03日 九州厚生年金会館「Magical Trump」
11月04日 福岡サンパレス「Magical Trump」
11月08日 映画撮影のためにメキシコへ出発。
11月23日 宮崎市民会館「Magical Trump」
11月25日 大分市文化会館 「Magical Trump」
12月08日 オリジナル・アルバム『Windy Shadow』発売。
結婚前に松本隆さんが手がけた最後のアルバムとなりました。
羽目を外したお茶目な恋や、切ないラスト・ダンス、プロポーズを受ける瞬間、スターの辛い胸の内なども扱った新たな段階に進むには少々強い風にぶつかるけれども思い切って踏み出そうというようなより積極的に変わった聖子ちゃんをしっかり反映したような“一歩前へ”のアルバムです。
12月15日 日本武道館「Golden Juke」
12月16日 日本武道館「Golden Juke」
12月25日 大阪城ホール「Golden Juke」
12月26日 大阪城ホール「Golden Juke」
12月31日 NHK「紅白歌合戦」に『Rockn' Rouge』で5回目の出場。
 
 
スポンサーサイト
[ 2012年03月02日 22:29 ] カテゴリ:松田聖子の歩み・初期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。