松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  ご存知、クルーゾー警部の好敵手? 『ピンクの豹』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご存知、クルーゾー警部の好敵手? 『ピンクの豹』 松田聖子

 1987年5月16日発売の聖子ちゃん通算14枚目のオリジナル・アルバム。 『Strawberry Time』(ストロベリー・タイム)収録曲。
 
 9曲目、『ピンクの豹』。 
 
 作詞:松本隆
 作曲:米米CLUB
 編曲:大村雅朗
  
 
 ご存知、クルーゾー警部が怪気炎をあげて大活躍するコメディー映画『ピンクパンサー』になぞらえた曲ですね。
 
 編曲された演奏も「ピンクパンサーのテーマ」を意識した曲調になっています。 とても軽妙で、どのような展開になるのか期待させるようなメロディーですね。 短編映画でも見たような気分になれそうです。
 
 ただ、違うのは、主人公自身がルパン三世のように大胆不敵な女性怪盗として、イケメン探偵と勝負を繰り広げるストーリになっているところです。
 
 まるでシュークリームのように甘くふわふわな声で語るように歌い上げていく聖子ちゃんは、変幻自在な歌唱力の持ち主です。
 
 “ピンクパンサー”とは、本来、ピンク色がかった世界屈指のダイアモンドであり、また自分で持ち主を決める意思を持つ怪しげな宝石でもあります。 あのピンクのアニメの豹がそうでしたね。
 
 松本隆さんが、『瞳はダイアモンド』に続いて、聖子ちゃんをダイアモンドに見立てた作品であると思います。
 
 松本隆さんの気持ちを知ってか、知らずか聖子ちゃん自身も自らの経営するオリジナル・ブランド・ショップの名称を“フローレス・セイコ”と命名しています。 フローレスとは、傷のない完璧なダイアモンドという意味だそうです。 本人もきっとそうありたいという思いから名付けたのではないかと想像されます。
 
 その後の聖子ちゃんの恋の遍歴を見ますと、この曲を地で行っちゃったのかな? (笑) なんて思いが微かに胸をよぎります。
 
 やはり、聖子ちゃんも天使や聖人君子では無い訳なので、時には羽目をはずしちゃうことがあっても仕方の無いところですよね。 それがまた人間的魅力に繋がっているのではないかなと感じます。
 
 この『ピンクの豹』は、そんな恋泥棒の聖子ちゃんをも暗示させるなんともスリリングで楽しい曲ではないでしょうか。

 
スポンサーサイト
[ 2010年10月30日 14:24 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。