松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  本当の愛を探しに行こう! 『雛菊の地平線』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本当の愛を探しに行こう! 『雛菊の地平線』 松田聖子

 1987年5月16日発売の聖子ちゃん通算14枚目のオリジナル・アルバム。 『Strawberry Time』(ストロベリー・タイム)収録曲。
 
 7曲目、『雛菊の地平線』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 大江千里
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 当時、新進気鋭のシンガー・ソング・ライターとして活躍していた大江千里さんが曲を提供した作品です。
 
 とても難しい曲でありながら、深く、強く心が揺さぶられるメロディーの波が訪れるように巧みに構成されています。
 
 転機の訪れを象徴するかようなの場面では転調を行い、クライマックスへと導く導線の役割を果たしています。
 
 松本隆さんの詩との見事なマッチングが決まっていて、起承転結がしっかり描かれた素晴らしい楽曲だと思います。
 

 破局のときを迎えてセンチメンタル・ジャーニーへと旅立った主人公が、山小屋の霧の朝に目覚め、雛菊の咲き誇る幻想的な高原を丘へ向かって歩いて行きます。 色とりどりの綺麗な雛菊の花々に囲まれ、立ち直る意思を強く持って感慨にふけります。 人は、一人では寂しいから、誰かを好きにならずにはいられない。 でも、その人が運命の人だとは限らない。 だからこの雛菊の地平線を歩き出せば、いつかきっと本当の愛を見つけることができるはずだわ。
 
 そんな前向きなメッセージを与えてくれてとても暖かい気持ちへと導いて行ってくれる素敵な曲です。
 
 聖子ちゃんは、この難しい曲を難なく歌いこなしているばかりか、歌の世界の幻想的な光景が心の中に自然に浮かんでくるような素晴らしい表情を与えながら聴かせてくれています。
 
*見事にアイドル歌手へと復帰を果たした聖子ちゃん。 
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年10月30日 20:34 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。