松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  和服なのにDANCING!! 『Kimono Beat』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和服なのにDANCING!! 『Kimono Beat』 松田聖子

 1987年5月16日発売の聖子ちゃん通算14枚目のオリジナル・アルバム。 『Strawberry Time』(ストロベリー・タイム)収録曲。
 
 3曲目、『Kimono Beat』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 小室哲哉
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 この曲は、もう最高ですね。 体が自然とBeatを刻み、動き出してしまう全身の喜びが湧き出してくるかのようにリズミカルな曲です。
 
 それも、そのはず。 この曲は、かの小室哲也さん作曲の曲だったんですね。 さすがは、ダンス・ミュージックの名手だけのことはあります。
 当時は、“TMネットワーク”という売り出し中のグループでリーダー兼、シンセサイザーを担当していました。 その人に白羽の矢を立てるという松本隆さんの音楽センスもさすがだと言わざるを得ません。
 
 私にとって、この曲はこのアルバム中一番のお気に入りの曲なんですが、中でも二つの点が特にお気に入りです。
 
 一つ目は、「Hu Hu…♪」という感嘆詞なんですが、この部分の響きがとても可愛らしいのと、「まあ、あなたったら、私のお見合いが心配になって見に来たのね!」という気持ち。 それと、「どう、私の晴れ着姿。いつもより綺麗に見えるかしら!」という満足げな気持ちが楽しく表されているように感じるんです。 そんなウキウキした感じがとてもいいですね。
 
 そして、二つ目なんですが、「Kimono Beat…♪」と転調してはじまるサビの部分ですね。 ここは、もうタップ・ダンスが踊れる身であれば、思わず一緒になって、ステップを踏みたくなってしまうような軽快で楽しいビートに痺れてしまいます。 聖子ちゃんが、軽やかにステップを踏んでいる姿が、頭に浮かんでくるようです。
 とっても楽しいですね。 癖になってしまいそうなメロディーです。(笑)
 
 お見合い中の席を抜け出して、着物のまま彼と逃げ出してしまうなんてところは、映画「卒業」ではありませんが、スリル満点のシーンが描かれていて、まるでドラマの一場面を見ているようなそんなところも楽しめます。
 
 だけど、この素敵な曲はアルバムの中にひっそりと埋まってしまっているだけというのは、本当にもったいないように思います。
 
 着物や着付け教室のCMソングには持って来いでしょうし、シングル・カットしても十分通用する曲じゃないかなと思ってしまう私一押しの魅力たっぷりの曲でした。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月01日 11:23 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。