松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  ここで終わりにしましょう!『雨のコニー・アイランド』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここで終わりにしましょう!『雨のコニー・アイランド』 松田聖子

 1986年6月1日発売の聖子ちゃん通算13枚目のオリジナル・アルバム。 『SUPREME』(スープリーム)収録曲。
 
 8曲目、『雨のコニー・アイランド』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 大沢誉志幸
 編曲: 佐藤準
 
 
 
 
 こちらは、二つ目の“雨のリゾート”という感じですね。 かつて車で訪れた雨のリゾートは、フレッシュな恋がこれから発展するかどうかという設定でしたが、今度は、一つのピリオドを打つために訪れたものでした。
 
 舞台もスケールアップして、ニューヨークのコニー・アイランド。 今度は車を降りて雨でひと気の無い遊園地を二人して歩いています。
 
 この曲は、日清のカップヌードルのCMソング、『そして、僕は途方に暮れる』の曲で有名な大沢誉志幸さんによる作曲作品です。
 
 決して実ることの無い’遊び’と約束した関係でも始めの頃はうれしくて胸をときめかせていたが、次第に切なさの方が強くなってきてしまった。
 こんな関係を続けることには意味が無いと感じ、別れを告げる決心をしてきている。 そして、今日は、その区切りの為の最後のデート。
 
 その為、曲調は、明るくテンポの良いメロディーになっています。 曲の間に加わる口笛のような音と、悲しげなサックスの音色がただ、哀調の響きを伝えています。
 
 また、聖子ちゃんの甘い声にもかすれが加わっていたり、長く音を伸ばさず短く切ったりしていることによって、ため息をついているようなやるせない気持ちが伝わってきます。
 
 切ない気持ちの中にも新たなスタートを切るための前向きさが感じられるポジティブ・マインドな曲だと思います。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月02日 21:35 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。