松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  あなたを追いかけて 『白い夜』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたを追いかけて 『白い夜』 松田聖子

 1986年6月1日発売の聖子ちゃん通算13枚目のオリジナル・アルバム。 『SUPREME』(スープリーム)収録曲。
 
 6曲目、『白い夜』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 来生たかお
 編曲: 武部聡志
 
 
 
 この曲の舞台には、とてもスケールの大きさを感じますね。 デンマークのコペンハーゲンまで、彼を追いかけていってますので、国境が地続きのヨーロッパならではの展開だと思われます。
 ですから、きっと日本からの話ではないのでしょう。
 
 北欧近くのヨーロッパのどこかの国から、コペンハーゲンの彼の身を寄せた家を見つけ出して訪ねたものの、三月前に彼はいずこかへと旅立った後だった。 だが、彼の部屋にはしっかり彼女のイニシャルが刻みこまれていた。
 
 友人や彼の知人などのつてを頼りに、必ず彼を探し当てるという決心のもとで、おとぎ話の世界のような町をさ迷い歩く。
 「だって彼の本当の心を知らなかったけれど、私は彼のことを愛していたんだもの。」
 
 きっと彼は、多くの女性に好意を寄せられる魅力的な男性だったのでしょう。 自分に声を掛けてきた時に、それは、彼の気まぐれか遊びだろうと勘違いしてしまい、冷たくあしらってしまいました。 
 その傷心が元になったのでしょう。 彼は、知らない間にこの町を離れ、異国へと旅立ってしまった。
 ところが、実際には彼も私のことを本当に愛してくれていたのだった。 ふたりは、実は、相思相愛だったことを後になってから知ることになったヒロインなのでした。
 
 これは、もう、いてもたってもいられません。 白夜の町で眠れぬ夜を重ねながら再会の時を夢見て、彼の行き先を追い求める旅を続けます。
 
 聖子ちゃんの甘い声の中にもわくわく感がこもっていて、すっかりこの物語に感情移入している息づかいが伝わってきます。
 そんな、壮大で、異国情緒あふれるラブ・トレース・ナンバーです。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月03日 17:29 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。