松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  愛し合う自由もあるのよ! 『Star』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛し合う自由もあるのよ! 『Star』 松田聖子

 1984年12月8日発売の聖子ちゃん通算10枚目のオリジナル・アルバム。 『Windy Shadow』(ウィンディー・シャドウ)収録曲。
 
 10曲目、『Star』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 林哲司
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 
 オリジナル・アルバム『Windy Shadow』のフィナーレを飾る曲は、なんと、『Star』。
 この曲は、聖子ちゃん自らが作詞したものかと思いきや、そうでは無く、聖子ちゃんとがっちりスクラムを組んで、素敵なヒット曲メイキングのパートナーになっていた松本隆さんその人によるものでした。
 
 聖子ちゃんのその当時の心情を綴ったかのようなこの曲には少なくとも3つの側面があるんじゃないかと思います。
 
 一つには、聖子ちゃんの心の声を代弁したもの。
 ・聖子ちゃんは、「松本隆さんは、いつも私の気持ちに沿った詩を書いてくれるんだけれど、どうしてよく分かるのかしら。」と曲に対する感想を述べたことがあります。
 
 二つ目には、あくまでもフィクションであり、一般的な売れっ子歌手の日常とは、そのようなものではないかと、普段目にするスターたちの生き様から推測した世界。
 
 三つ目としては、このような人には言えないような辛い心情を抱えながらも自分の選んだ好きな道なのだから、精一杯いい唄を歌って、ファンの人たちを幸せにすると同時に聖子ちゃん自身も幸せになって欲しいという応援歌なんだという側面があるのではないかなと感じました。
 
 ほとんど恋愛に関する曲を歌いながら、自らは“愛し合う自由も無いのよ”とそんな風に悩んだこともあるのかなー!などと考えさせられる曲なのではないでしょうか。
 
 でも、やはりこの曲と聖子ちゃんの心情とはちょっと違うんじゃないかなと感じられるのは、彼女は、根っからの“歌が好き”、“アイドルの自分が好き”という姿勢にあふれていると思います。
 
 基本の歌が上手で歌唱力がしっかりしているだけでなく、満面の笑みを振りまいたり、他の人にまねのしようがないほどの愛くるしいしぐさを重ねたりするところは、自分をより輝かせよう、アイドルとして相応しい形を作ろうと強く願った彼女の気持ちの現われだったんだと思います。
 
 もし同じような天性の資質と意欲を持った人が現れたとしたら、現在でもスーパー・アイドルになれると思います。
 
 だからこそ、結婚後歌手を辞めて欲しいと迫った郷ひろみとの破局を迎えましたし、休業後は見事に復帰しただけでなく現在に至るまでアイドル路線を継続しています。
 
 ですから、一見、聖子ちゃんの事を唄っているように感じる曲ですが、あくまでもフィクションの世界だと思われます。
 
 そうは言いましても、相変わらず自分のことのように思いっきり感情移入してダイナミックに歌い上げてくれている心に響く一曲ではないでしょうか。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月10日 23:18 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。