松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  自分らしく生きるわ! 『銀色のオートバイ』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分らしく生きるわ! 『銀色のオートバイ』 松田聖子

 1984年12月8日発売の聖子ちゃん通算10枚目のオリジナル・アルバム。 『Windy Shadow』(ウィンディー・シャドウ)収録曲。
 
 8曲目、『銀色のオートバイ』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 林哲司
 編曲: 戸塚修
 
 
 
 このアルバムまでの作詞は、第6曲目のシングルA面曲『白いパラソル以来ほとんど松本隆さんが担ってきました。
 
 ご本人も聖子ちゃんの曲作りについて“松田聖子プロジェクト”と表現していましたので、ある面プロデューサー的役割まで持っていたのかもしれません。
 
 そのような体制にあって、松本隆さんの書かれる詩は、大変ウィットに富んでいて、また奥深いものがあります。
 
 曲のメロディーが先にあって、それにあてがう形で作詞をするとなると中々そこまでは行きにくいのではないかなという気がしますので、作詞を先にしておいて、メロディーを付けてもらったものがほとんどではないかと思われます。
 
 かの名曲 『赤いスイートピー』や『秘密の花園』では、別の曲による未発表バージョンがありますので、やはり、プロジェクトの中心、松本隆さんの詩ができて、それに対して作曲者を選ぶという方法が採られてきたのではないでしょうか。
 
 それに対してこの曲の一連のラインが決まっているような単刀直入さは、逆にメロディーが先にあって、それに対してイメージを膨らませながら詩を付けていったのではないかという感じがします。
 
 この颯爽とした流れるようなメロディーは、どこかで聴いたことがあるような気がするし、近いイメージだなと感じた曲が、『真夜中のドア~Stay With Me』という松原みきさんのヒット曲です。
 
 「Stay with me 真夜中のドアを叩き、帰らないでと泣いたー♪」このフレーズがとても印象的な曲なんです。
 そう思っていたら、なんとこの『銀色のオートバイ』を作曲された林哲司さんが、まさにその曲を作曲されていたのでした。
 
 なるほど、あの曲の流れを汲んでいた為にそのイメージが頭に浮かんだのだと、納得しました。 どうりで流麗で颯爽とした曲な訳です。
 
 そして、この詩からイメージしたものは、ずばり、あの姿です。
 
 アニメ「ルパン三世」の紅一点、峰不二子が、黒い革のツナギを素肌に纏い、銀色のナナハンに跨がると、海岸伝いをダイナミックに走り抜けていく、その姿。
 
 夕日の美しい道路端にバイクを止めてフルフェイスのヘルメットを外せば、サラサラの長い髪が海風にそよぐ。 そして、カメラがその顔をフレーム・インさせてクローズ・アップさせると、少し憂いを含んだ聖子ちゃんの顔が映し出されました。 そんな感じでしょうか。 (笑)
 
 「ダンディーでエレガントなあなたに憧れたけれども、あなた好みの女性を演じ続けるのはとても無理そうだわ」と置手紙一枚を残すと、その街を後にして、見知らぬ海辺の町を目指す。
 
 そんな、颯爽としたカッコ良さの中に拭いきれない哀愁の漂う、とっても絵になる一曲ですね。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月11日 22:47 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。