松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  踏ん切りがついたの! 『今夜はソフィストケート』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

踏ん切りがついたの! 『今夜はソフィストケート』 松田聖子

 1984年12月8日発売の聖子ちゃん通算10枚目のオリジナル・アルバム。 『Windy Shadow』(ウィンディー・シャドウ)収録曲。
 
 3曲目、『今夜はソフィストケート』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: Holland Rose
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 このアルバム収録曲の多くが海外を舞台にしていて、この曲に関しても日本ではない雰囲気が漂っています。
 
 デートにソシアル・ダンスの楽しめるナイトクラブを利用するというのは、日本ではあまり一般的ではありませんね。 特に若いカップルが着飾って夜のひと時を楽しむというには少し敷居が高いように思います。
 
 この当時は、特にディスコ絶頂の時代であり、ドレスというより、ミニスカートやホット・パンツなどをベースにカジュアルな服装で楽しむことの方が多かったのではないでしょうか。
 片や高級路線の“マハラジャ”も、一世を風靡しました。 しかし、栄枯盛衰。 大流行するものは特に衰退するのも早いもので、マハラジャもジュリアナ東京も無くなってしまいました。
 
 美しくドレスアップした女性を気障に口説く。 う~ん!全然縁の無いシチュエーションですね。 まるで、ハンフリー・ボガード。 “ボギー”の世界のようです。
 
 そういう自信満々で気障な男性というのは得てしてプレイボーイが多いもの。 この曲の相手役もそのまんまという感じですね。
 
 「私に未練があるのは間違いないけれど、すぐにふらふらと新しい恋人のもとへと行ってしまう。 そして、飽きてくると再び私の元へと戻ってくる。 私はあなたの港じゃないわ。 いつか帰ってこなくなることも分かっているの。」
 
 知らず知らずのうちに耳に入ってきた新しい恋人との近況の話では、どうも気持ちが冷めてきているようなのでした。
 
 それを知っていたので、「あの人は、今までとちっとも変わってない。 私への思いが消える前に無性に会いたい気持ちが強くなるだけなんだわ。 これからも同じ繰り返しになることは目に見えてるもの。」
 
 そこで、彼の誘いに乗ってエレガントなナイトクラブへと足を運ぶことにしました。 強い決意を秘めて。
 それは、彼と会うのを今夜限りで最後にするということなのです。
 
 非生産的な関係を続けていても、自分が苦しんで、傷つくばかり。
 一つの区切りを付けない事には、自分も先に進んでいくことができないと考えたからでしょう。
 
 彼の嫌がる酔ってる振りをしては裸足で踊り、周りの人々の好奇の目に晒されることによって、彼を困らせてやることと、はっきり別れを告げるきっかけにしたかったのでしょう。
 
 決心は付いていても、今夜が最後と思うとどうしても切なさがこみ上げて来てしまう。 そんな中でワインをこぼさないようグラスを持ち続けることにより心と行動のカムフラージュをしているという健気な女性像が描かれています。
 
 聖子ちゃんが、大人の恋の一つの幕引きを切々と語るように歌い上げている切なくもムードたっぷりな一曲です。   
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月19日 23:14 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。