松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  あなたはどこから来たの? 『不思議な少年』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたはどこから来たの? 『不思議な少年』 松田聖子

 1984年6月10日発売の聖子ちゃん通算9枚目のオリジナル・アルバム。 『Tinker Bell』(ティンカー・ベル)収録曲。
 
 7曲目、『不思議な少年』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 南佳孝
 編曲: 船山基紀
 
 
 
 『不思議な少年』は、聖子ちゃんの曲では珍しい、恋愛とはまったく関係の無い“不思議な少年”とのふれ合いを綴った曲になっています。
 
 それというのも『Tinker Bell』という妖精や童話のような幻想的な世界をテーマにしたアルバムならではのことだからでしょう。
 
 かつて一世を風靡して日本中をブームに巻き込んだスーパー・アイドル・デュオ“ピンク・レディー”の1977年の大ヒット曲『UFO』や世界的な大ヒットを記録したSF、ファンタジー大作で1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督による映画作品『E.T』などを参考にしていることが想像されます。
 
 この曲の中では、“E.Tを庇うエリオット少年”が逆に不思議な少年に置き換えられている感じです。
 「青く光る髪 金色の瞳」というのも金髪、碧眼の白人の少年を反転させています。
 
 「指と指が触れると 言葉なしで話せる♪」というフレーズは、有名なE.Tとエリオット少年の人指し指同士が触れるとその指先が光りだすシーンを彷彿とさせます。
 
 聖子ちゃんの歌声は、まるでオカリナか何かのような素朴な楽器の音色の様にも聞こえます。
 
 いつもは、曲の中にどっぷりと感情移入して登場人物と同化する聖子ちゃんですがこういう神秘的で恋愛とは無関係な曲では、逆にニュートラルな透明感と自然さを持って歌っているので、そのような響きに感じられるのかもしれません。
 
 ところで、宇宙人って、本当にいるんでしょうかね? もしいるとしたら、それは、きっと未来からタイムマシンでやってきた地球人なのではないでしょうか。 そんな気がします。
 なぜなら、物質上最高速度の光の速さで、何億年もかかるところから生きて地球に来られるものなどいないはずですから。 (笑)
 
 そんな宇宙やUFOについて思いをめぐらせてみたくなるような神秘的で、幻想的な一曲です。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年11月25日 12:08 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。