松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  戦略的な恋の仕方"ツンデレ"の原点! 『LET'S BOYHUNT』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦略的な恋の仕方"ツンデレ"の原点! 『LET'S BOYHUNT』 松田聖子

 1983年12月10日発売の聖子ちゃん通算8枚目のオリジナル・アルバム。 『Canary』(カナリー)収録曲。
 
 6曲目、『LET'S BOYHUNT』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 林哲司
 編曲: 井上鑑
 
 
 
 タイトルを見ると、『LET'S BOYHUNT』(レッツ・ボーイハント)、“いい男をつかまえよう!”というもので、おやっ!聖子ちゃんの曲の中にあって女の子の方から男性をハントしようなんて積極的で珍しいなぁという印象を覚えるのではないでしょうか。
 
 そういうタイトルではあっても、あにはからんやむやみやたらの行きずりの恋などではなく、聖子ちゃんの曲ではお馴染みの恋の駆け引きを描いたものなのでした。
 
 それとこの曲を聞いていると、一世を風靡して、ひところのスキー・ブームを巻き起こした大ヒット映画。 原田知世主演の『私をスキーに連れてって』を彷彿させるものと思います。
 
 でも、この映画は、1987年の年末に公開となっていますから、この曲、『LET'S BOYHUNT』の作られた4年後に当たります。 影響を受けたとしたら、映画の方になります。 そういう時代を先取りした作品で有り、作詞の松本隆さんの時代を捉える先見性が抜群であることをあらためて感じます。
 
 「Let's boyhunt 雪灼けした
   Let's boyhunt 素敵な人
  こちらからは 誘っちゃだめ♪」
 
 気に入った男の人に女性の方から声をかけてはいけないというと古いようですが、実はそこには戦略があるのです。
 それがきっかけで、二人が仲良くなって将来結婚したとします。 それはそれでハッピーなことですが、何かある度に夫には、“君の方から誘ってきたんだぜ”としょっちゅう話のネタにされてしまいそうです。
 それでは、女性のプライドが傷つきます。
 
 「Ah 街のdiscotheque 誘われても
  そう簡単に うなずかない♪」
 
 だからこそ、男性の方から誘われたという状態にうまく仕向けてゆくということは意味があることなんですね。
 そして、ディスコというのは、今は昔。 風営法の影響もあって名称や装いを変えて“クラブ”というものに変化してしまいました。
 
 「Let's boyhunt つかまえたわ
   Let's boyhunt 素敵な人
  腕組むのは まだまだ先♪」
 
 すぐになれなれしくすると、彼女の方にも気があって近づいて来たのだと気づかれてしまう可能性が有りますし、そうでなくてもすぐに誘いに乗ってくる軽い女だと見くびられてしまうかもしれません。
 
 「Let's boyhunt 余裕見せて
   Let's boyhunt 冷たくする
  長く続く 恋ならいいけど 内心ドキドキよ♪」
 
 しっかり作戦を立ててじっくり相手の男性の観察と自分への関心の惹きつけを行うことに怠りがありません。
 
 こういう計画的で、深慮遠謀に長けた賢い女性であり、しかも恋のきっかけまでしっかり自分で演出のできる女性にハントされるのであればこれはもう男性冥利に尽きるというものです。 幸せな家庭が築けること間違いなしって感じですね。 (笑)
 
 本来女性には、自分の遺伝子とできるだけ遠い遺伝子を持つ異性を選び分ける能力が備わっているといいます。 そうすることによってお互いに持っていない遺伝子を補い合いより強い子孫が残せるというわけなんですね。 様々な土地から人の集まるスキー場のゲレンデに出会いを求めるということはそういう面から見ても理に適っていると言えそうです。
 (例えば、相手の男性のたっぷり汗のしみこんだ肌着のシャツの匂いを嗅いでみて嫌なにおいと感じれば相性が悪く、いい香りと感じれば相性が良いそうです(笑))
 
 そんなちょっと戦略的な恋の手法をチョコとストロベリーのストライプのキャンディーをくるくる丸く巻いたペロペロ・キャンディーのようなとろけるように甘い声で歌われた聖子ちゃんお得意のラブ・ストーリーが描かれたレイト・ウインター・ソングです。
 
 弾むように軽快なメロディーと粉雪舞う銀世界での女性の側からの見事な恋の駆け引きがとっても可愛くて心がふんわかする曲ですね。
 
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年12月13日 13:59 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。