松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  ほろ苦く、甘い Kiss 『BITTER SWEET LOLLIPOPS』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ほろ苦く、甘い Kiss 『BITTER SWEET LOLLIPOPS』 松田聖子

 1983年12月10日発売の聖子ちゃん通算8枚目のオリジナル・アルバム。 『Canary』(カナリー)収録曲。
 
 1曲目、『BITTER SWEET LOLLIPOPS』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 大村雅朗
 編曲: 大村雅朗
 

 
 歌姫(Canary)・松田聖子をフィーチャーしたアルバム『Canary』の最初を飾る曲は、かなり アメリカンPOPな曲、『BITTER SWEET LOLLIPOPS』(ほろ苦くて甘いペロペロ・キャンディー)です。
 
 聖子ちゃんには、とても珍しいアップテンポな曲となっていて、まるでアメリカン・コミックスの中から飛び出してきたかのような明るく陽気で、はじけてるナンバーです。
 
 「恋って不思議な BITTER SWEET LOLLIPOPS
  どこがいいのといわれるけど
  流行遅れのジャケット着てても
  男の人はそれでいいの ♪」
 
 クラーク・ケントでいる時は、冴えなく、青白い風采の上がらない地味な新聞記者で、彼を好きなロイス・レインの女友達は口を揃えて、あんな野暮ったい男のどこが良いのと言う。 ところが、彼は、一旦電話ボックスの中で素早く服を着替えてメガネを外せば、誰もがあこがれるあの“スーパーマン”なのだった。
 
 そこまで極端な話ではないにしても、美女と野獣のようなカップルを街で見かけたという人は結構多いのではないでしょうか。
 
 確かに“恋”とか“好み”というのは人智では計り知れないものがありますね。 福岡県久留米の地元では有名で美人の誉れ高かった聖子ちゃんのお母さんでしたが、地方公務員のいわゆる地味な男性(父親)と結ばれたと言うことも恋の不思議に繋がりますよね。 (失礼)
 
 そうして誕生したのが、我らが聖子ちゃんなのでした。 (笑)
 
 そんな誰もが振り向く、とても可愛くてチャーミングな女の子がミニの挑発的なドレスで着飾って目当ての彼に接近しても全然自分のアピールに応えてくれない。
 
 なぜなら、彼はその美しい彼女が自分に気があるなんてまったく思いもよらない。 或いは、もしかして少しは気付いていたとしても、自分にはとても手の届かない“高嶺の花”だと初めから諦めているのでしょう。
 
 そんな内気な彼の様子に気を揉んでいる女の子の姿が微笑ましく描かれています。
 
 ただ、こんな一途な思いが通じないはずはありません。 きっとその彼は彼女の催眠術にかかり、恋のトリコとなることでしょう。
 
  
スポンサーサイト
[ 2010年12月21日 12:30 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。