松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  お熱い対決!? 『ピーチ・シャーベット』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お熱い対決!? 『ピーチ・シャーベット』 松田聖子

 1983年6月1日発売の聖子ちゃん通算7枚目のオリジナル・アルバム。 『ユートピア』収録曲。
 
 1曲目、『ピーチ・シャーベット』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 杉真理
 編曲: 瀬尾一三
 
 
 
 「おおっ。 これは、史上空前の熱い対決です。 お互いに自信たっぷりの美男・美女。 どちらが先にノックアウトされるのか、一瞬も目を離すことのできない厳しい試合になってきました。」
 
 聖子ちゃんのノリに乗った時期の魅惑的なアルバム『ユートピア』の第一曲目は、聖子ちゃんの当時の魅力を余すところなく出し尽くしてくれている素敵なナンバー『ピーチ・シャーベット』でスタートです。
 
 夏アルバムということで、まずは、夏らしいプールやピーチ・シャーベットが、キーワードになっている曲というところが爽やかでいいですよね。
 
 ビートの効いた演奏と相まって、聖子ちゃんの綿菓子のようにふわふわで甘い声が冴え渡っています。 それに加えて語尾が消え入りそうに微妙な声のしゃくり上げ方がとってもキュートです。
 
 まるで花の妖精がすねたり、甘えたりしているようにコケティッシュな響きがあって最高です。
 
 それにしても、聖子ちゃんの歌というのは、軽々と歌っているようなんですが、男である自分でも普通に苦しくなく歌えてしまうキーなんですよね。
 
 つまり、女性の声としては、相当なハイ・トーンなのではないでしょうか。 それをさりげなく、ビブラートやしゃくり上げでデコレーションしながら可愛く歌ってしまう。
 
 ある意味、とてもかっこいい歌い方ですよね。 もし、自分が女性で、こんな風に歌えたとしたら、とっても気持ちいいだろうなぁという感じを受けてしまうのですから。
 
 少々、脱線してしまいました。
 
 ・女の子たちにモテモテで、ライバルも多いSexyな彼。
 
 ・ライバル多いほど燃えて、自分の瞳のトリコにしようとしている彼女。
 
 いずれ劣らぬつわもの同士の二人の熱視線がぶつあり合っている状態なのですから、これでは、“時”さえも堪らず溶け出してしまいそうなんです。
 
 お互いに負けそうになってくる気持ちを奮い立たせながら、相手を落とそうと、てぐすね引いてチャンスを窺っています。
 
 彼女の方は、勝ちを確信して、夜のデートのお誘いの甘い断り方まで考えてあったのに予想に反して手ごわい相手なのでした。
 
 さあ、この恋の試合の行方は、どちらに向かうのでしょうか? 手に汗を握る熱い戦いです。
 
 そんな可愛い恋の駆け引きが描かれているこのアルバムの最初を飾るのに相応しいとびっきり夏らしいナンバーですね。
 
 
スポンサーサイト
[ 2011年01月03日 23:44 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。