松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  胸がハリケーンみたいよ! 『四月のラブレター』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

胸がハリケーンみたいよ! 『四月のラブレター』 松田聖子

 1982年11月10日発売の聖子ちゃん通算6枚目のオリジナル・アルバム。 『Candy』(キャンディ)収録曲。
 
 2曲目、『四月のラブレター』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 大滝詠一
 編曲: 多羅尾伴内
 
 
 
 全体的にエコーが分厚くかかっているいわゆる大滝詠一さんお得意のナイヤガラ・サウンドになっていますね。
 
 どことなく、『風立ちぬ』や『いちご畑でつかまえて』をほうふつとさせる懐かしい響きが感じられる歌い方です。
 
 さらにこの曲では、突然のラブレターでの告白に胸がざわめいて、夢見心地になっている“ドリーミング・聖子”ちゃんが炸裂しています。
 
 “南の島”から届けられたエア・メールということで、手紙の主は、いったいどこの島から、投函したのだろうかということが気になります。
 
 一口に南の島といいましても、ハワイ、タヒチ、グアム、サイパン、パラオ、フィジー、ドミニカなどミクロネシア方面、南太平洋諸島、カリブ海の島々と地域も広範囲にありますので、中々見当がつきません。
 
 そのような中で、演奏に使われているラテン・パーカッションのコンガであるとか、「胸がハリケーンみたいよ♪」と歌われている部分から、“ハリケーンの通るラテン諸国”ということが思い浮かびます。
 
 すると、ミクロネシアや南太平洋の島々は外れて、カリブ海に浮かぶ島のどこかではないかと想像されます。
 もちろん、島を特定することはできませんが、ビーチがきれいで、サーフィンのできる島ということで、セント・マーチン島やバルバドス島、或いは、ヒスパニョーラ島のドミニカ共和国側などが、候補として挙げられるのではないかなと思います。
 
 「四月のラブレター 友達以上の
  感情ぶつけられて 私惑うの♪」
 
 いきなり、そんな南の島からラブレターを送ってきた相手の男性というのは、つまり恋人状態などではまったくなくて、ただの友人関係にある人なんでしょうね。
 
 例えば、大学のサークルの先輩と後輩であるとか、職場の上司と部下であるとか、普段から優しく親切にはしてくれているものの、彼女に気が有るというような素振りはほとんど無かったのでしょう。
 
 そんなスマートで紳士的な彼に漠然とした憧れや好奇心くらいは持っていたものの、彼が何を考えているのかも分からず恋心にまでは至っていない彼女なのでした。
 
 「噂では、今度海外にサーフィンに出かけるという話は耳にしていたけれど、その旅先から私にエア・メールをくれて、しかも、写真の裏側に“I love you”なんて言う文字が並んでいるだなんて想像もつかなくてびっくりしたの。 だって、彼が私に対して恋愛感情を持っていたなんて思いもよらなかったもの。」
 
 「I love you どんな意味があるの
  軽い気持ちなら 許さないわ
  早く戻ってね♪」
 
 彼女自身も彼に対して悪い感情は持っていなかったし、少し気障だけど素敵な人だと感じていたのでしょう。 彼との関係が発展するのではないかという期待のバロメーターがグーンと上がっていきました。
 
 もしも、それが軽い気持ちのものであったら、彼女の胸の高鳴りは、一気に失意の底へと沈んでしまいかねません。
 「もし、そうなら私を惑わす酷い人なんだから、絶交してあげるんだから!」 そんな期待と不安の入り混じる面持ちで、彼の帰りを待ち侘びる彼女なのでした。
 
 聖子ちゃんの甘く、夢見るような歌声が、高鳴る胸のときめきを伝えています。
 ゆったりとした南の楽園のそよ風を思わせる可愛いらしいナンバーですね。
 
 
スポンサーサイト
[ 2011年01月16日 16:12 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。