松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子の魅力 >  聖子ちゃんの魅力について(その5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖子ちゃんの魅力について(その5)

 
・世界中を見回しても類のない清純・可憐なアイドル。
天地真理から始まった日本の女性アイドルのなかでもNo.1の人気と実績を兼ね備えています。

天地真理(日本の女性アイドル第一号)、小柳ルミ子、南沙織、麻丘めぐみ、アグネス・チャン、山口百恵、桜田淳子、キャンディーズ、ピンクレディー、石野真子、中森明菜、小泉今日子、菊池桃子、浅香唯、南野陽子、工藤静香、中山美穂、森高千里、Wink、SPEED、安室奈美恵、モーニング娘、ZONE、松浦亜弥、AKB48。
 どの時期のトップ・アイドルと比べても抜群のルックスと存在感を誇っています。 代表的なアイドルが、現れては消えてゆく中で、突然、前触れもなく登場すると、アイドルとしてのすべての条件を兼ね備えてトップ・アイドルとしての頂点に立ちました。 それまでの、そしてその後のどの女性アイドルをも凌ぐ存在となっています。
 
 世界のアイドルと比べてみてもやはり優れていると思われます。 イギリス-ノーランズ、フランス-シルヴィ・バルタン、ソフィー・マルソー、ドイツ-アラベスク、スウェーデン-アバ、韓国-少女時代、KARA、アメリカ-オリビア・ニュートンジョン、シンディ・ローパー、マライア・キャリー、マドンナとそうそうたる歌手が連なっておりますが、やはり、聖子ちゃんのような名実ともに清純可憐な正統派アイドル歌手というものは見当たりません。
 
 日本では、ルックス重視のアイドル文化が花開いたのに対し、欧米では、実力重視と、セクシーさを売りにした二つの潮流が主流であって、ルックスに根差したアイドルという分野が発展しなかったことが日本と事情が異なっているところだと思います。
 単純に比較はできませんが、日本の聖子ちゃんほどの人気と実力それにルックスを兼ね備えた有名アイドル歌手は世界中どこを見回しても存在しないものと思われます。
 アイドルの理想形であり、もう、それ以上は望むべくもない完成形。
日本の誇る世界でも類を見ない可憐で完璧なアイドル。 歌唱力、声の良さ、ルックス、振り付け、衣装、表情、歌の情感、詩の世界、メロディーそのどれもがハイ・レベルでバランス良く整っています。 見る人、聞く人を爽やかな感動で包み込んでくれます。

それらを含んだ妖精時代の動画は、日本では、国宝であり、世界では、世界遺産に匹敵する大切な財産だと思います。
 
・作品のクォリティーがとても高い。
アイドルのスタンダードとして日本の歌謡曲史上将来にわたって残していくべき不朽の名曲のオンパレード
これについては今の若い人も含めて誰もが認める日本のアイドル・スタンダードだと思います。

その理由としては、
周りを取り囲むスタッフに最高に恵まれている。
ソニーの名プロデューサー若松宗雄さんに見出され、スカウトされたことから、若松さんが、手塩にかけて大切に育んだ。
・一流作詞家、作曲家、編曲家に曲作りを依頼。
・芸能事務所サン・ミュージックが総力を挙げてバック・アップした。
これまでのスポンサーとのコネクションを活かしてCMとのタイアップを次々と成功させた。
 歌詞もメロディーも編曲も超一流の人材が結集しているので、聖子ちゃんの類稀な歌のパフォーマンスが余すところなく生かされています。 初期の曲たちは、そんなすぐれたお膳立ての上に誕生した名曲の数々だったのです。
 
(参加された作家・アーティストの皆さん)
三浦徳子/小田裕一郎/平尾昌晃/財津和夫/大村雅朗
信田かずお/松井忠重/松本隆/大瀧詠一/船山基紀
若草恵/浅川佐記子/森家住吉/銀色夏生/笹路正徳
Holland Rose(佐野元春)/土橋安騎夫/細野晴臣
鈴木茂 /呉田軽穂(松任谷由実)/松任谷正隆/小坂明子
大江千里/来生えつこ/来生たかお/原田真二/尾崎亜美
南佳孝/林哲司/杏里/日野皓正/矢野顕子/瀬尾一三
大貫妙子/杉真理/甲斐祥弘/チャック・ムートン/新川博
上田知華/井上鑑/NOBODY/安藤まさひろ/亀井登志夫
宮城伸一郎/久保田洋司/大沢誉志幸/玉置浩二/戸塚修
小室哲哉/辻畑鉄也/米米CLUB/タケカワユキヒデ
広石武彦/吉田美奈子/三谷泰弘/平井夏美
S.Kipner/P.Bliss/Michael Bolton
Jay Graydon/David Foster
 
 そんな聖子ちゃんの魅力の数々は、何といっても過去の映像を見ることによって、聖子ちゃんの素晴らしさに回帰することができます。
 そして、あの可憐さ、歌の魅力が本物であることが再確認できると思います。
 ですから、動画サイトや過去映像の放出(DVD、ブルーレイ)によってこそ聖子ちゃんの魅力が永遠に発信し続けられる手段になるのだと思います。
 
・日本の芸能界を代表するダイアモンドの一つ。
日本の戦後の芸能界には、三つのダイアモンドがあると思います。  宝石に例えているのですから、女性のことを指しています。
お一人目  美空ひばりさん     歌手
お二人目  吉永小百合さん  女優
三人目    松田聖子         アイドル
 
 あの可憐さを発揮できたのは、スーパー・アイドルとして輝いたことが大きな理由になっていると思います。
 やはり大多数の人々から注目されることによって、より自分を輝かせたい、自分の最も輝いている姿を表に出したいという願いや努力が結実した結果、一般の女性でいた場合よりもずっと垢抜けたキュートさを発揮することができたものと考えられるからです。
元々持っていたダイアモンドの原石ともいえる天性の素質がもちろん一番の大本です。 素質のない人は残念ながらどんなに頑張ってもアイドルになることは叶いません。 でもそれだけではなく人々の視線や応援、それに対する聖子ちゃん本人の努力、切磋琢磨、それにみんなに愛されるアイドルになりたいと願う本人の思いが相乗効果となって磨きこまれた結果、世にも稀で可憐な“ダイアモンド・アイドル”が誕生したのだと思います。
 
・庶民的で親しみやすい魅力
初期の聖子ちゃんは、一見すると、隣のミッちゃん的な近所や街のカワイコちゃん風に感じます。 そんな様子から、さらにイメージが広がって自分の妹、同級生、近所のお姉ちゃん、彼女、親戚の娘のような身近な感覚を覚え、大変親近感を持ちやすいタイプではないでしょうか。
そのように可愛いクラスメイトの一人であるとか、学生時代の彼女であるとかのような身近な魅力を備えています。
 でも、実際には似て非なるものの典型であって、聖子ちゃんのような人はどこにもいないわけなんですが、そういう感覚を与えてしまうところが、親しみやすさの源泉になっているのではないでしょうか。

そう、近寄りがたいオーラを放つ美人とは一線を画していて誰もが近づき易い庶民的な親近感を持っています。 そんな親しみやすさから、誰もが"聖子"、"聖子ちゃ~ん"と声をかけたくなるのでしょう。
 この親しみやすいというところは、アイドルとしてとても大切な部分ですし、聖子ちゃんの大きな魅力の一つです。
 
まだ、続きあります…
スポンサーサイト
[ 2012年03月21日 01:24 ] カテゴリ:松田聖子の魅力 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。