松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子の魅力 >  聖子ちゃんの魅力について(その4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖子ちゃんの魅力について(その4)

 
・いろいろなイメージの浮かぶ七色の魅力を持っている
衣装も白を基本に赤、青、水色、緑、紫、黄色、オレンジ、ピンク、黒、銀色など様々な色を使っていますが、そのどれもがそれぞれ似合っています。
 
 例外には、特に『ハートのイアリング』で見せた男装ジャケット風の衣装が挙げられると思います。
この一連の衣装のラインナップを考えてみますと、いわゆる失恋による心の痛手を反映しているように思います。 曲の世界に深く感情移入しながら歌ってくれる歌の精のような聖子ちゃん。 失恋の辛さを表現する際には、あまりにも気持ちが高ぶってしまい、その千々に乱れた心の葛藤を形にしたような衣装であり、ヘア・スタイルであったのではないかと想像します。 明るい曲では、幸福の絶頂のような姿を見せてくれていた聖子ちゃんでしたが、辛い失恋を同じように感情移入して表現するとなると、毎回泣き崩れてしまい収拾がつかなくなってしまうのでしょう、それを衣装やヘア・スタイルによって置き換えて表現した結果だったのではないでしょうか。

 
 この曲では、逆に感情移入はできるだけ押さえていたように思います。 男装によって、(私とは無関係の話よ!)と自分の中で割り切っていたように思えます。
 
 その後の聖子ちゃんのシングル・ナンバーには、ほとんど失恋ソングはありませんでした。 1996年の『さよならの瞬間』くらいだと思います。 やはり、ポジティブ・シンキングの聖子ちゃんは、なるべくネガティブなものは表現したくないという気持ちが人一倍強いのかもしれません。
そんなギリギリのところで表現してくれたのが、『風立ちぬ』と『瞳はダイアモンド』だったと思います。 この2曲、そして『赤いスイートピー』、『小麦色のマーメイド』を含めた4曲で見せたハッピー以外の表現力も素晴らしかったと思います。
 
(生命力に溢れた小さな子供や愛玩動物のような可愛さ、可憐さが備わっている。)
・無垢な子供のような可愛さ。
その瞳を向けられると心が洗われるような清々しい気持ちにさせてくれます。 汚れた心が浄化されていくような無垢であどけない子供を前にしたような感覚と言いましょうか歌を聴いたり、愛嬌たっぷりのその姿を見ているだけで心が癒される、そんな感じを受けます。
元祖、“癒し系”アイドルの一人なのではないでしょうか。

・小動物や穏やかな性質の動物のような可愛さ。
例えば、リス、ウサギ、子ネコ、小鳥、バンビなどのように人懐っこくて瞳がキラキラしています。 話をしている人の方にクルックルッと素早く顔を笑顔で向けては無邪気な興味を示しているところなどは、小鳥やリスのようでもあります。
 
(メルヘンの世界の登場人物や可愛い女性の代名詞、「お花」のような魅力。)
・あでやかな花のような可憐さ。
色とりどりの艶やかな衣装を身にまとって歌う聖子ちゃんの姿は、まるで一輪の可憐な花であるかのようなイメージを浮かべさせます。
普通の人は、似合う色がある程度決まっているものと思いますが、聖子ちゃんの場合は、どんな色でもそれなりに似合ってしまいます。
 そんな何色にでも染まれる魅力を持っています。
 
・花の妖精のような可憐さ。
メルヘンに登場する花や小鳥と話のできる妖精。 聖子ちゃんもきっと話ができるのではないかな、などと感じさせてしまうティンカーベルのようにキュートな妖精の雰囲気を持っている人です。

かつて人気者になった小柳ルミ子さんは、片八重歯がチャーム・ポイントでしたが、聖子ちゃんは、目立たないながらも両八重歯が隠れたチャーム・ポイントになっていました。
 
 
 なんとなく、無害で可愛らしい少女ドラキュラちゃんのようでもあり、小悪魔的なあるいは、キュートな妖精のような魅力を醸し出していたのには、あのさりげない八重歯が貢献していたように思います。

 
 
・不思議の国のアリスや人魚姫(マーメイド)などおとぎ話の世界のヒロインのようなキュートさを持っています。
妖精に限らず、アリスや人魚姫などのメルヘンチックな登場人物をイメージさせる魅力、雰囲気を持っています。
 
 鳴き鳥のイメージもあります。 カナリアを始め、モッキンバード、ハミングバード、ヒバリなどの可愛くて声がきれいな小鳥のイメージ。
そして、それとイメージのダブる歌姫ですね。 聖子ちゃんの曲の中にもいくつも登場してきます。

「松田聖子プロジェクト」のリーダーであり、日本を代表する天才作詞家の松本隆さんは、聖子ちゃんこそ日本の戦後を代表するディーバ(歌姫)であると絶賛しています。
 
・お笑いの才能も持ち合わせている。
 
 お笑い番組などで見せるひょうきんな態度やリアクションなどは、歌とはまた別の魅力を持っていて、お笑いでも見る人を大いに楽しませてくれます。 コメディエンヌとしてもとても魅力的な聖子ちゃんです。
 
・爽
やかなお色気の魅力。
アイチラの元祖…アイドル・チラリズム 聖子ちゃんのライブ・ステージ中に起こったアクシデントとも言えるパンチラ・ショットが週刊誌に掲載されたことがきっかけになり、大きな反響が巻き起こりました。
そこから、アイドルのチラリズムを狙うカメラ小僧が大量出現するようになり、投稿雑誌なども次々と創刊されることにもつながっていき、一大ブームになりました。
スーパー・アイドルのあられもない姿をカメラに収めようという千載一遇のチャンスを狙った新たな社会現象も聖子ちゃんが元祖だったんですね。
 
 ただし、その後は、パンツを何重にもはいた上にアンダースコートをはいて厳重にガードしましたので、聖子ちゃんに限っては、二度とナイス・ショットが生まれることはありませんでした。

清純可憐な中に爽やかなエロティシズムを内包していたのが、聖子ちゃんのもう一つの側面であり、魅力でした。
 表のスーパー・アイドル聖子ちゃんに対して、実際には見ることのできない裏の姿を提供したのが、「ロマンポルノの聖子ちゃん」こと、寺島まゆみさんでした。 聖子ちゃんより一歳年上で、同様なスリムな体型を持ち、当然のように聖子ちゃんカットを決め込んだ一見、似た感じの女性だったので、あの聖子ちゃんが脱いだら、こんな感じだろうかなどという興味をそそって大人気となりました。 そして、低迷していた当時の日活ロマンポルノを大いに活気づかせました。
 (ちなみにピンク映画での絡みは、“前張り”と呼ばれる簡易貞操帯を俳優の男女ともしっかり着用していたので、完全な演技でした。 売れなくなった歌手が出演したり、逆にメジャー女優に羽ばたいた人もいたくらいでした。) 

 
 そんな裏の人気アイドルが生まれ、映画のタイトルにも「聖子の太股」というセンセーショナルな見出しを掲げて、シリーズ化されるなど、聖子ちゃん人気にあやかった便乗商法が登場したのも人気のバロメーターと言えそうです。

まったくの清純、可憐なキャラクターで、エロティシズムなど感じさせない人だろうと思われた聖子ちゃんでしたが、やはり超有名アイドルだからこそ、性的な興味もまた、多くの人から抱かれていたのかもしれません。
 
・元祖、萌えキャラの魅力。
現在のオタク文化の象徴-"萌えー"という言葉がありますが、聖子ちゃんが活躍していた80年代前半には、まだその言葉は登場していませんでした。 アニメの登場人物やキャラクター、小動物、それにアイドルに対する"好き"以上の強い興奮を覚える気持ち、つまり疑似恋愛のような気持ちなのだと思われますが、そういう気持ちを抱かせたのが、まさに聖子ちゃんだったと思います。
メルヘンの中のヒロインや登場人物を彷彿とさせて、歌唱中には、見事に曲の世界へと入り込んでは、恍惚ともいえる愛くるしい表情を浮かべてファンを魅了してくれた聖子ちゃん。 まさに、"萌えキャラ"そのものだったと思います。 あのころの聖子ちゃんが、現代に甦ったとしたら、"萌えキャラ"の最大のターゲットとして今の世の中でも君臨していることでしょう。
 
まだ、続く…
スポンサーサイト
[ 2012年03月21日 01:27 ] カテゴリ:松田聖子の魅力 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。