松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  朝まで踊るわ! 『Je t'aime』 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝まで踊るわ! 『Je t'aime』 松田聖子

 1981年5月21日発売の聖子ちゃん通算3枚目のオリジナル・アルバム。 『Silhouette ~シルエット~』収録曲。
 
 7曲目、『Je t'aime』(ジュテーム)。
 
 作詞: 三浦徳子
 作曲: 小田裕一郎
 編曲: 大村雅朗
 
   
 どうでしょう、このロック魂。 聖子ちゃん、意外にもロックンロールもいける口なんですね。 聖子ちゃんのロック作品には、“ロックンロール~”と銘打っている曲が多いのですが、この『Je t'aime』は、なんの断りもなく本格的なロック・ミュージックなのでした。
 
 因みに銘打っている曲としましては、『ロックンロール・デイドリーム』、『ロックンロール・グッドバイ』、『Rock'n Rouge』などが有ります。
 
 この曲を聴いて、聖子ちゃんのあの独特な歌い方の秘密が分かったような気がします。
 
 あの鮮烈に登場して、圧倒的な輝きを放った大ヒット曲『青い珊瑚礁』。  当時、この聖子ちゃん2枚目のシングル・ナンバーを聴いて、何だろうこの迫力があって不思議な歌い方はと感じた憶えがあります。
 そう、あの頻繁にしゃくり上げを繰り返す歌い方のことです。 その当時は、誰もやっている人がいなかったと思います。
 
 あの歌い方には、しっかり名前がありました。 “ヒーカップ唱法”です。 別名-しゃっくり唱法。 日本でも戦後の一時期大流行したロカビリーの中での基本的なテクニックの一つだったそうです。
 
 それに携わっていたのが、誰あろう当時の聖子ちゃんの所属事務所「サン・ミュージック」の社長、相澤秀禎(あいざわひでよし)さんだったのです。
 “ウェスタン・キャラバン”というバンドのメンバーとして、ロカビリーもレパートリーに入っていました。
 
 聖子ちゃんの歌手デビュー前のレッスン時に物覚え、飲み込みの早い聖子ちゃんを見込んで仕込んだのではないかと思い至ったというわけです。
 
 聖子ちゃんの迫力あるのびやかな歌唱力と共にあのヒーカップ唱法は、新鮮な驚きをもって人々に受け入れられました。
 
 それにしても、この『Je t'aime』での聖子ちゃんの歌い方は、パンチが効いていて、パワフルですね。 それに、聖子ちゃんの曲としては、アップ・テンポでファンキーなナンバーだと思います。
 
 ダンス・ミュージックとしても十分なノリのある曲ではないでしょうか。 それにアレンジとしては、POPな要素も多く含まれているので、名付けて“Rock'n'POP”と言える曲なのではないでしょうか。
 
 歌詞の中に出てくる“夏の妖精”。 それは、もちろん聖子ちゃんの分身。 自分自身の心が投影されているんですね。
 
 それだけ、好きな人との関係も順調に推移してきていて、そのはずんだ気持ちが陽気なロックやブルースとなり彼女のもとへと降りてきたのでしょう。
 
 “Je t'aime”(フランス語) …> I love you.(英語) つまり、「あなたを愛してる」という気持ちが益々高まってきてしまい、「これでは朝まで眠れそうもないわ 夏の妖精たちと一緒に踊り明かしましょう」という感じのメルヘンチックな詩の内容の曲なんです。 でも、サウンドは、もう、ロックそのものです。
 
 そんな、聖子ちゃんにピッタリ寄り添うようにごきげんでノリの良いファンタスティックなロック・ナンバーです。
 
*’83 沖縄・悪夢の前ですが、素晴らしいパフォーマンス。
  
スポンサーサイト
[ 2011年02月05日 21:27 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。