松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!
松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子(アルバム) >  あなたは、 『North Wind』 のような人なの 松田聖子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたは、 『North Wind』 のような人なの 松田聖子

 1980年12月1日発売の聖子ちゃん通算2枚目のオリジナル・アルバム。 『North Wind』(ノース・ウィンド)収録曲。
 
 3曲目、『North Wind』。
 
 作詞: 三浦徳子
 作曲: 小田裕一郎
 編曲: 信田かずお
 
 
 
 『North Wind』。 このアルバムのタイトルにもなっている文字通りのタイトル・ナンバーです。
 
 2枚目のオリジナル・アルバムも聖子ちゃんのファースト・アルバム『SQUALL』に続いてアルバムのタイトルにちなんだタイトル・ナンバーを持つアルバムになりました。
 
 このアルバムのテーマは、北風によってもたらされる厳しい冬、やがて来る春などを表していて、その象徴として“North Wind”を前面に出しています。 まさにタイトルに相応しい曲がずらりと揃えられているアルバムです。 一曲一曲の質の高さと共に心を尽くした丁寧なアルバム作りが光っています。
 
 そして、この『North Wind』の曲の魅力は、リズミカルで、カラッとした明るいメロディーとなんと言いましても聖子ちゃんの清楚なお嬢さんそのものという感じの上品な声が抜群に気持ち良いところだと思います。 まるで、聖子ちゃんの声そのものが、“North Wind”であるかのような凛々しさに包まれている感じがします。 聖子ちゃんの声って、本当に痺れるいい声ですね。
 
 聖子ちゃんを見出したソニーの若松宗雄プロデューサー(当時)が、この声に惚れこんで1年近くかけてまでご両親を説得して歌手にスカウトした気持ちが、良く分かります。 また、聖子ちゃんの素質を一番見抜いていたのもこの若松さんだったのだろうと思います。
 
 だからこそ、アルバムのコンセプト(制作思想)に統一感がありますし、アルバム作りにも力を入れて一流制作陣で臨んでいたのだと思います。 本当に聖子ちゃんを歌の世界に連れてきてくれてありがとうございますという感謝の気持ちで一杯になります。
 
 この曲の主人公の彼は、何事にも屈託が無く、あっけらかんとしたまっすぐな性格の人であって、ついつい彼のペースに乗せられてしまう彼女なのでした。
 
 そんな彼のことをいつも自分の思うところに突き進んでは、激しく強い力で私をさらって行ってしまう、まるで“ノース・ウィンド”のような人だと感じながら、心は強く彼に惹かれているのでした。
 
 初々しく爽やかなカップルの日常が描かれていて、寒い冬のストーリーでありながらとても微笑ましてくて、暖かな気持ちにさせてくれる曲になっています。
 
 広告の文句ではありませんが、スカッと爽やかな風が頭の中を駆け巡るような痛快なナンバーです。
 
 
スポンサーサイト
[ 2011年02月14日 01:28 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。