松田聖子 Classic 聖子ちゃん!白書

松田聖子さんの原点 “聖子ちゃんの季節” にスポットを当てました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これはいい感じの 『妖しいニュアンス』 松田聖子

 1987年5月16日発売の聖子ちゃん通算14枚目のオリジナル・アルバム。 『Strawberry Time』(ストロベリー・タイム)収録曲。
 
 4曲目、『妖しいニュアンス』。
 
 作詞: 松本隆
 作曲: 大村雅朗
 編曲: 大村雅朗
 
 
 
 女の人のほうが男よりも精神的に成熟するのが早いとよく言われています。 そんな精神的に上回っているが為にボーイフレンドの心の動きが面白いように読めてしまう。 そんな彼女目線の恋の駆け引きが色っぽく描かれていますね。
 
 シチュエーションとしては、同じ大学の学生どうしという感じで、彼女は同級生か、年下というカップルのようです。
 彼女に気があることは確かでも中々、正直に彼女への告白ができないでいる。 そんなボーイフレンドの心の内さえも見透かしている。
 そんな安心感からか、ゆっくりと自分のもとへと導こうしているそのやり取りこそが、きっと“妖しいニュアンス”なのだと思います。
 
 聖子ちゃんの甘く色っぽい歌い方がその微笑ましいニュアンスをシャンソン風のメロディーに乗せてじっくりと味わせてくれています。
 
 「私おしとやかな振りで ついてくけど 歩く道は自分で選んでる♪」というフレーズは、いみじくも聖子ちゃんの生き方そのものを表しているとも言えるでしょう。
 ヘア・スタイル。 コスチューム。 キス・シーンの続行。 ハワイ留学、などなど。 愛嬌に富んで純情、可憐、そして従順に見えて実は、自分の意志はしっかり通してきた聖子ちゃんそのもののようです。
 
 そんな聖子ちゃん自身とオーバーラップしてしまうようなスローテンポの妖しい魅力の一曲です。
 
 
スポンサーサイト
[ 2010年10月31日 22:22 ] カテゴリ:松田聖子(アルバム) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Chanchiki20

Author:Chanchiki20
FC2ブログへようこそ!

Chanchiki20と申します。 どうぞよろしくお願いします。

 趣味は、ネットサーフィン、音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、カラオケなどです。
 
 音楽は、古い曲が中心ですが、(ビートルズ、キャンディーズ、松田聖子等)、しいて最近の曲と言えば、ZARD、小柳ゆき、倉木麻衣などの曲を聴いています。

 映画は、ジャッキー・チェンや、007シリーズなどのアクション物が好きでした。 最近のものでは洋画や邦画の話題作をチェックしてちょくちょく観に行っています。

 読書は、小説(歴史、現代、未来)、エッセイ、実用書などいろいろ読みます。

 もっか、最もはまっているのは、松田聖子さんに関わるストーリーを展開することです。

 いつか長編小説を書き上げたいと思っています。

最新トラックバック
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。